検索
この検索ボックスを閉じます。

小型風力タービンは、家庭や中小企業にとって優れた再生可能エネルギー源です。屋上や裏庭に設置して、風力発電を行うことができます。しかし、小型風力タービンが野生生物、特に鳥やコウモリに与える影響を懸念する人もいます。この記事では、小型風力タービンが野生生物に与える安全性について検討し、Automaxx 風力タービンが環境への影響を最小限に抑えるように設計されている理由を説明します。

 

風力タービンが野生生物に与える影響

 

小型風力タービンが野生生物に与える影響について掘り下げる前に、人間のあらゆる活動が環境に影響を与えることを指摘しておく価値があります。家を建てる、車を運転する、電気を使うなど、何らかのレベルの環境への影響はあります。その影響をできるだけ最小限に抑えることが鍵となります。

 

家庭用の小型風力タービンは、適切に設計、設置、保守されていれば、野生生物にとって安全です。野生生物への潜在的なリスクを最小限に抑えるには、風力タービンの設置場所として、渡りルートや営巣地など、野生生物が利用するエリアを考慮する必要があります。

 

小型の家庭用風力タービンは、特定の場所や野生生物にとっては他の場所よりも適している可能性があることに注意することが重要です。たとえば、特に鳥類の多い地域に設置された風力タービンは、より開けた場所に設置されたタービンよりも野生生物に大きな危険をもたらす可能性があります。

 

オートマックスの風力タービンが野生生物への影響を最小限に抑える方法

 

Automaxx では、風力タービンが野生生物に与える影響を非常に真剣に受け止めています。当社は、人間と環境の両方にとって安全なタービンの設計と製造に取り組んでいます。当社の風力タービンが野生生物への影響を最小限に抑える方法をいくつかご紹介します。

 

低速回転: 当社の風力タービンは、バッテリーが充電されているときに低速回転するように設計されています。これにより、鳥やコウモリとの衝突の可能性が軽減されます。また、ローター径が小さいタービンを使用しているため、衝突のリスクがさらに軽減されます。

 

タワーの高さ: タービンタワーの高さも、野生生物への影響を最小限に抑える上で重要な要素です。当社のタービンは、多数の鳥やコウモリを引き寄せる可能性が低い高さに設置されるように設計されています。また、タービンは渡り鳥が頻繁に訪れないエリアに設置することをお勧めします。

 

騒音低減: 風力タービンは騒音を発生する場合があり、野生生物に迷惑をかける可能性があります。当社のタービンは可能な限り静かになるように設計されており、野生生物への影響を最小限に抑えます。

 

照明: 鳥とコウモリの衝突のリスクを減らす主な方法の 1 つは、タービンの周囲の照明の量を減らすことです。当社のタービンは、衝突のリスクを減らすのに役立つ最小限の照明で設計されています。

 

監視と研究: 当社は、風力タービンが野生生物に与える影響を常に監視し、その影響をさらに最小限に抑える方法を特定するための研究を行っています。これには、野生生物保護の分野の専門家と協力して、風力タービンの設置と運用に関するベスト プラクティスを開発することも含まれます。

ショッピングカート
トップにスクロールします
メモリアルデー サイト全体で 10% オフ クーポンコード: 「MEMORIAL10」