検索
この検索ボックスを閉じます。

年間エネルギー出力の推定

このページには何が載っていますか?

導入

風力タービンの年間エネルギー出力を見積もるには、タービンの容量、場所、風力資源、効率など、いくつかの要素を考慮する必要があります。風力タービンの年間エネルギー出力を見積もる手順は次のとおりです。

タービン容量(定格出力)を決定する

Automaxx では、幅広い定格容量の風力タービンを取り揃えています (400W – 600W – 1,500W)。定格容量は、タービンが生成できる最大電力出力を表します。

風力資源の評価

風力タービンを設置する場所の風力データを収集します。地上からのさまざまな高さ (通常はタービンのローターがあるハブの高さで測定) での平均風速に関する情報が必要です。このデータは、エネルギー生産量を正確に見積もるために不可欠です。

風資源データは、多くの場合、地元の気象観測所、オンラインの風資源マップ、または専門家による風の評価を通じて取得できます。

容量係数を決定する

容量係数は、年間のエネルギー出力を見積もる上で重要な要素です。これは、風力タービンが定格容量またはその近くで稼働する時間の割合を表します。容量係数は、場所の風力資源によって異なります。

年間エネルギー出力を計算する

年間エネルギー出力を推定するには、次の式を使用します。

年間エネルギー出力(kWh)=定格容量(kW)×容量係数(%)×8760時間(年間時間)

サイト固有の要因を調整する

近くの障害物(木、建物)、地形、地元の風のパターンなど、タービンのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるサイト固有の要因を考慮してください。これらの要因は、実際のエネルギー出力に影響を与える可能性があります。

メンテナンスとダウンタイム

風力タービンは定期的なメンテナンスが必要であり、修理や整備のためにダウンタイムが発生する可能性があることに留意してください。これらの要因は年間のエネルギー生産にも影響する可能性があります。Automaxx 風力タービンと Automaxx のアンペアメーターに関するご質問は、お気軽にサポートまでお問い合わせください。 https://automaxxwindmill.com/contact/

その他の投稿

最新ニュースを受け取る

* 必須項目を示します

サミュエル・ヤン

サミュエルは知識豊富なリーダーであり、あらゆる種類の消費者向け電子機器の熱心なユーザーです。米国、フランス、台湾などの国々で 6 年間のこの分野での経験を持つ彼は、生活の向上に役立つグリーン エネルギーとテクノロジーに情熱を傾けています。余暇には旅行やスキューバ ダイビングを楽しんでいます。

トップにスクロールします
メモリアルデー サイト全体で 10% オフ クーポンコード: 「MEMORIAL10」